輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

タグ:安全 ( 153 ) タグの人気記事

核ごみ適地マップ

c0108065_11503960.jpg

7月28日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の
最終処分場選定で、政府は地質学的条件から適否を推定して
日本地図を塗り分けた「科学的特性マップ」を公表した。

何でも日本全体の65%が処分地として適しているらしい。

でも、どこにでも起こり得る地震や既知・未知を含めて活断層が
縦横無尽に走っている日本列島で、危ない場所は35%だけと言われても
納得する人はどれくらいいるのか?

因みに、私たち ホームメイドのある東海地区がどうなっているかを
公表されたマップでご覧下さい。

薄い緑と少し濃い緑の地域が、処分に適しているところだそうです。

あと、黄土色の細い線は、活断層を意味している感じです。

会社のある日進市は、好ましくない場所を指すグレーの地域と最も
好ましい少し濃い緑の地域に分かれていて、その中間に活断層が
走っているようです。

この地域に走っている活断層は、結構知られた活断層ですし、
大きな地震の原因にもなり得るものと聞いていますが、本当に
大丈夫なんでしょうかねぇ?。

また、地下深くで保管するとありますが、何万年も誰が管理出来る
んでしょうか。

地下深くの地層に割れが入ったら、地下水が入り込んだり、
汚染が広がったりしないんでしょうか?

地震で地層が断裂した上で沿岸地域が津波に襲われたら、海水が
地下まで流れ込んでこないのでしょうか?

何か日本の国民にこんなに安全な地域が広がっているんだから、
最終処分の候補地になったらそれを受け入れなさいと暗に言っている
ような気がします。

まあ、こんなものまで作らないと誰も原発のゴミを受け入れる人は
いないんでしょうね。だって、豊洲の土壌汚染でも問題なんですから。

人の生活を豊かにしたり、幸福にしたりするのが本来の電力行政
なんでしょうが、心配や危険を人に感じさせる現状は何か間違って
いるかも知れません。

さて、皆さんはこれを見てどう感じますか?

何れにしても、今までの負の遺産はどこかで何とかしなきゃ
ならないことは確かです。ただ、これ以上増やしてはいけませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-29 12:01 | 独り言
c0108065_13055371.jpg

輸入住宅を建てる人なら、やっぱりビルトイン・ガレージは必修ですね。

車に乗ったままリモコンスイッチを押せば、ドアが自動でせり上がって
いく様子は、家を建てたという満足感を満たしてくれます。

でも、ガレージドアも機械で動きますから、日頃のメンテナンスの
他に5年毎のバランス調整や10年毎の定期点検も必要です。

こちらは、新築から15年近く経ったガレージドアですが、トーション
スプリングと呼ばれる大きなバネが断裂し、ドラムワイヤーも

外れてしまいました。

トーションスプリングは以前にも交換したことがあるようですが、
10年毎の交換時期よりも寿命が短い場合もあるようです。

それは、バネの個体差もありますし、日頃のメンテナンスを実施
しているかどうかや使用頻度などによっても変化します。

また、木製ドアの場合雨風に当たりますから、どうしても自然と
歪みや狂いが生じやすいということもあるかも知れません。

ですから、屋外用の木部防水塗料 ティンバーケアなどを使って
塗り直しをしてやらないといけません。

いいものは手間・暇を掛けてこそ、長く調子よく使えるものです。

決して何も手入れをしなくていいものが、いいものという訳では
ありません。(勿論、手入れが少なくて済むのは助かりますが、
それが美しさや満足感につながるものではありません)

素敵なインナー・ガレージを維持していきたいなら、どうぞ
手を掛けて修理・メンテナンスをしてあげて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。



[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-27 13:13 | 輸入設備
c0108065_14465752.jpg

以前、ペラ(Pella)・ウィンドウのフレンチ・ドアやケースメント等の
修理・メンテナンスをさせて頂いたお客様から、ご連絡を頂きました。

何でも、今度はダブルハング・サッシのロック金物(クレセント)が
破損したので、新しい部品が欲しいとのこと。

こちらがその部品ですが、送って頂いたこの写真のものは
壊れていないもので、どういった部品か分かるようにと
メールして頂いたもののようです。

こうしたロック部品は、各窓メーカーでデザインが若干異なりますが、
昔のものは鋳物のものが多かったようですが、最近の製品では
硬質プラスチックのものが増えてきています。

プラスチックと言っても石のように非常に硬く、そう簡単には
壊せないのですが、やはり経年劣化は避けられません。

勿論、鋳物はそれよりも衝撃に弱いでしょうから、あまり乱暴に
扱わない方が得策です。

でも、一旦壊れてしまうと、防犯上ロックが出来ないというのは
少々不安ですから、出来るだけ早めに復旧したいものですね。

今回、ペラに部品の調達を相談しましたが、予備も含めて
1ヶ月くらいで手に入りそうです。

輸入サッシのこうした部品に変な感じがしたら、壊れる前に
早めに在庫の確認をすることも大切かも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。



[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-26 14:55 | メンテナンス
c0108065_10083616.jpg

最近、インナー・ガレージに取り付けられているオーバースライダーの
ガレージ・ドアの修理について相談を頂くことが多くなっています。

こちらの写真は、北九州のお客様から頂いたウェインダルトン
(Wayne Dalton)社製の電動オープナー。

ドアを持ち上げるトーションスプリングが切れて、モーターの力だけで
開閉させていたのか、モーターの調子も悪くなっているようです。

また、バネの力をドアに伝えるドラム・ワイヤーも伸びてしまって
いるようで、こちらも一緒に交換です。

適合する必要部材を調達する為に、ドアの大きさや重量を調査しなければ
ならないのですが、現場が遠いということもあってお客様にチェックを
して頂きました。

普通のお客様であれば、恐らくそういったチェックをすることは
難しいのでしょうが、それが可能だったのはラッキーでした。

でも、こちらに付いているスチール・シャッターは、重量が45kgと
普通よりも相当軽い感じがしますから少々心配ではありますが、
何度もチェック頂いたようですから大丈夫でしょう。

今回は、電動オープナーとトーションスプリング、ワイヤーケーブル、
ドラムを現場に出荷して、取付けは現地で行ってもらう予定です。

修理・メンテナンスを責任を持ってやる場合、施工までの全てを
引き受けるのが一番ですが、取付け方法の知識や適切な道具がある
お客様の場合は、部材だけの供給も行います。

ただ、取付け方の間違いなど施工に係るトラブルは自己責任と
なりますから、その点は注意が必要です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-24 10:19 | メンテナンス

チルト・ラッチの劣化

c0108065_12350853.jpg

随分古そうなカナダ キャラドン(Caradon)社製シングルハング窓
ですが、建具(障子)をサッシ枠に固定しておく為のラッチが、
このようにボロボロになってきました。

PVC樹脂製の窓自体には問題がなさそうですが、プラスチックの
こうした部品は太陽光の熱射や紫外線などによって、どうしても
劣化してきてしまいます。

チルト・ラッチは、窓を内側に倒して掃除する際にしか操作しない
部品ではありますが、ここの機能が失われてしまうと建具が
窓枠から外れてしまう恐れも生じます。

ここのお宅では、同じタイプのサッシが12ヶ所あるそうですが、
お知り合いも同様のサッシをいくつか使っていらっしゃるみたいです。

陽の当たりによって劣化の進行度も違うとは思いますが、何れ交換の
時期がやってきますから、今回一度に部品を調達して頂いた方が
いいかも知れませんね。

勿論、キャラドンというメーカーは、既に存在していませんから、
アメリカの同じ仕様の部品メーカーから調達することとなります。

輸入サッシのいいところは、汎用部品が多く使われていて、窓メーカー
からでなくても、小さな部品を調達出来るということですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-23 12:35 | メンテナンス

窓の周囲は、要注意!

c0108065_11211401.jpg

コテ塗り風に扇形の模様を付けて仕上げられた塗り壁の外壁。

地中海のプロバンス風に見えるということで、20年近く前に
流行したデザインですね。

でも、交通量が多い場所や黄砂や酸性雨などが降ってくるような
地域では、そのコテ跡に汚れが沈着してしまいます。

更に追い打ちを掛けるように、温度変化などで外壁が伸び縮みして、
ジョリパットのような塗り壁材にヒビが入ってしまうこともあります。

その原因の多くは、コストを重視した為に下地作りを疎かにした
ことにあるのですが、金額重視の傾向がある日本では仕方ないこと
かも知れませんね。

ジョリパットは、外壁の表面に塗った仕上げ材ですから、単にそれが
割れただけではすぐに防水性に問題が起きる訳ではありません。

ただ、サッシの周囲は、下地の防水紙がカットされる開口部でも
ありますから、弱点となる可能性が比較的高いとも言えます。
(透湿性防水シートは、防水構造の最後の砦です)

私たちのように、下地にサイディングを張ったり、外部通気層を設けたり
することで、雨の侵入にハードルを作ることが出来ますが、それを
するにはコストが必要です。

コストを低くしたいという家で、コストが高くなるような施工を
敢えてやるということは、真逆の考え方が共存することになりますから、
ほぼそうした施工をしていることはないでしょう。

ですから、サッシ周りや外壁の構造用合板のつなぎ目などで雨漏り
しているという不安を感じたら、出来るだけ早めに原因を究明して
正しい施工をすることが大切です。

勿論、それを正すには、相応の費用を覚悟しなければなりませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-17 11:26 | 外装工事
c0108065_13103135.jpg

ALCサイディング外壁の割れから雨漏りを起していた家の補修を
行いました。

写真の矢印の辺りの壁に、25cmの正方形くらいの穴を明けて
外壁の防水工事をした後に壁の中に水が侵入してこないかを確認
していたのですが、もう大丈夫ということでその穴を塞ぐことに
なりました。

ビニールクロスなら、この壁一面を張り替えることになるか、
最悪全面張り替えなどということになりかねません。

でも、このおうちはアメリカの家と同じドライウォールの塗装壁。

穴の部分に石膏ボードを入れて固定し、その周囲を石膏パテ等で
きれいにならしてしまえば、後はカナダのパラペイントで同じ色に
塗装するだけ。

13年も前に塗った塗料でも、色番さえ分かっていれば同じ色の
塗料を作ることは可能です。

また、タッチアップのように部分的に塗装してもムラにならず、
他の場所との違いが出ないというのも国産の塗料では出来ません。

ただ、古いドライウォールの壁だと紫外線などで色が多少変色して
いますから、それをうまく調整しながら塗装するには技術が要ります。

さて、どうでしょうか、補修後のインテリアの仕上げは?

ほんの少しベージュがかった白い壁は、何とも上品な感じでしょ。

これこそ、ドライウォールの真骨頂と言えるかも知れませんね。
勿論、塗装している最中でも嫌な臭いはしませんよ。

<関連記事>: 雨漏れチェック (2017年4月18日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。


[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-16 13:23 | 塗装工事
c0108065_10395956.jpg

こちらは、兵庫県加古川市のお客様のおうちに施工されたローウェン
(Loewen)社製スライディング・パティオ・ドアのロック金物。

ダグラスファー(米松)の木目が美しい高品質なサッシですが、
この部品のロック・ラッチがうまく飛び出さなくなってきたようです。

以前にもローウェンの掃出しサッシで同様のトラブルがあったという
記事を書いたことがありますが、ハード(Hurd)でもマーヴィン(Marvin)
でもこの種のロック金物は破損するのです。

ラッチを飛び出させる為に小さなバネが金物の中に入っているのですが、
これが錆びたり劣化したりして切れてしまうのが原因です。

それ以外の原因では壊れにくく、防犯性能も高いモーティス・ロック
なんですが、機械的に動く製品はどうしても寿命がありますね。

ただ、こうしたロック部品は、汎用品のケースが殆どですから、
北米から調達することが出来れば、多少の時間と費用で修理・交換
することは可能です。

ロック部品は防犯性に直結する大切なパーツですから、調子が悪く
なってきたと感じたら、早めに相談するようにして下さい。

その際は、将来のメンテナンスにも備えて、予備部品をいくつか調達
しておくといいですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-10 10:49 | メンテナンス
c0108065_17151974.jpg

和歌山市のお客様からウェインダルトン社製のガレージドアの不具合
についてご相談を頂きました。

お客様曰く、このシステムはトルクマスターと呼ばれるシリーズの
商品で、スプリング・チューブの中に内蔵されていたバネが切れた
まま使っていて、オープナーの力でドアを持ち上げていたそうです。

通常は、オープナーがドアを持ち上げるということはしないのが、
オーバースライダーのガレージドア。

オープナーはドアを前後に動かす為に付いているだけで、持ち上げて
いるのはバネ(トーションスプリング)なんですね。

バネのことは知らない状態で使っていたので、ドアとオープナーとを
連結する金物が付いた部分が断裂してきて、ドアのトップパネルが
もげかかっている状態です。

このままドアを開閉していれば、そのうち金物がドアから外れ、
ドアが地面までドカンと落ちてしまう恐れが生じます。
(写真では、ワイヤーケーブルも外れて垂れ下がっているのが
分かります)

すぐにガレージドアの使用を中止して、修理・メンテナンスを
しなければいけません。

以前記事に書いたように、トルクマスターは特殊なシステムの
ガレージドアですから、今後すぐに修理が可能となるバネが
露出した標準的なものに交換した方がいいでしょう。

また、ドア自体も一部強度が失われていますから、オープナーや
レールと共に交換が必要です。

(本当は、レールに問題はないのですが、トルクマスター用のものは
標準タイプのレールと互換性がない為、使えないのです)

関西方面で動ける職人さんを手配して、早めに修理メンテナンスを
してげないと、このままでは危険ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-09 17:20 | 輸入設備
c0108065_15143030.jpg

お客様からサーティンティード(CertainTeed)社製の輸入樹脂サッシ
についてお問い合わせ頂きました。

こちらの写真は、そのケースメント・サッシですが、左側のロックの
レバーが脱落しています。

この部品はロックの本体にガッチリ付いていますから、外れてしまう
ことはないはずですが、無理に力を入れて鍵を掛けたのか、レバーが
壊れてしまったようです。

窓を閉めた状態でこうなると、ロックを解除するには特殊な工具や
大変な作業が必要となります。

勿論、解除さえ出来れば、ロック部品を交換するだけで直るはずですが、
その原因が何かあるはずですから、サッシの調整や他の部品の交換も
必要かも知れません。

何れにしても、何か変だなと感じたら、出来るだけ早く輸入サッシの
専門家に相談することが大切です。

こうなってからでは、手間も時間も余分に掛かってしまいますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-07-07 15:19 | メンテナンス