人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

目的と手段 「偽物さん、がんばって」

最近、弊社の取り扱っているPARA PAINTについて
建築業者から購入の問い合わせが寄せられています。

お施主様の指定で建築業者が知ったようです。

住宅のセールスマンが
「日本の製品で安価で基準をクリアしたものがありますよ~」と聞こえてきます。

国産の水性塗料は確かに日本の基準(F☆☆☆☆)を満たしています。
金額も1/3ぐらいで買えます。
でもこれって基準をクリアするために作っただけで、
価格も業者の都合がよいようにとではと考えてしまいます。

総建築費に対して
塗料が国産からPARA PAINTにかわったらどれだけ変わるのでしょうか?

もの作りをやめて、そのすべて中国にシフトした国が
いまだにこだわって塗料を造り続けている意味は何でしょうか?

私は家族への思いやり、家庭での団欒をいまだに一番大切と考えているのだと思います。

以前、ハガキ道の坂田先生にお会いしたとき、
「偽物さんが頑張れば頑張るほど、本物が際立ちます」と話されておりました。

目的と手段 「偽物さん、がんばって」_c0108065_171439100.jpg


ここから先は宣伝ですので奥様、お子様は観ないでください。
建築を考えているご主人様へ
建築会社とお打合せの際、
「一日の大半を過ごす妻や子供のためにPARA PINTを使ってください」と言ってください。
ひょっとするとその日の夜、晩酌が一本増えるかもしれません。
by mikami-homemade | 2012-11-05 17:16 | 全般