人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ペアガラスには向きがあります

ペアガラスには向きがあります_c0108065_11375516.jpg


こちらは、先日窓の入れ替えを行った時に撮影したペアガラスの
拡大写真です。

室内側から撮ったのですが、「TEMPERED(強化ガラス)」と書かれた
アルファベットや数字の記載が読めますよね。

このマーヴィン(Marvin)の窓を含めて、輸入のサッシのペアガラスは、
全て室内側から見た時に文字が読めるような向きで取付けられています。

そんなのどちらでもいいとお考えの方もいるでしょうが、実はそれは
間違いなんですね。

最近のペアガラスの多くは、断熱性や耐紫外線性能に優れたLOW-E
と呼ばれる断熱被膜を張ったガラスが用いられています。

断熱被膜は、夏向き(太陽の熱射を跳ね返す)か冬向き(室内の熱を
逃がさない)かによって、外側のガラスに張るか、内側のガラスに
張るかが異なるのです。

因みに、両方のガラスにLOW-E被膜を張ることは出来ません。
もし張った場合は、ガラスが熱割れを起こす危険性があるからです。

ペアガラスが割れたり、ガラスが内部結露で曇ってしまったり
した時は、ガラスの交換等が必要になります。

そんな時、こうしたことを知らない地元のサッシ屋さんやリフォーム屋
さんが施工をすれば、間違った取付けをしてしまうかも知れません。

だからこそ、専門知識を持った輸入住宅のプロにお願いすることが
大切なんですね。(輸入住宅の建築をする業者さんでも、ここまでの
ことは殆ど理解していないですが・・・)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
by mikami-homemade | 2016-08-30 11:43 | 輸入住宅