人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

糸が切れたら、交換しよう!

c0108065_9522050.jpg


ミルガード(Milgard)やインシュレート(Insulate)といった樹脂製の
輸入サッシでは、シングルハング(下側の建具だけが可動する上げ下げ窓)
用に写真のようなタイプのチャネル・バランサーが使われています。

ペアガラスで重量が増した建具を持ち上げる際に、それを補助する役割を
果たしてくれたり、窓を上げた状態で保持する役目を果たしたりするのが
バランサーです。

このパーツは、両側の窓枠の中に内蔵されているので、普段は目にする
ことはありません。窓の見た目は美しくなりますが、不具合が出るまで
バランサーの状態が分からないという欠点も存在します。

ですから、新築から10年以上経ってから、住んでいる皆さんが
トラブルになって初めて気付くという訳です。勿論、新築時に
建てたビルダーさんからそういった注意点や交換方法を説明された人は
誰もいないでしょう。

また、住宅メーカーや工務店もバランサーや補修について何ら知識が
ない状態であることも問題です。

それは、流行っているから、儲かるからと輸入住宅を始めたビルダーが
殆どで、高い理想や覚悟を持って家づくりをしていたなどというところは
皆無だったからに他なりません。

ですから、そうなった時にお客様からビルダーにメンテナンスをお願い
しても、彼らは対処の仕様がありませんし、その努力もしないのです。

そういうビルダーだということを見極めずに価格や見た目だけで契約
してしまったお客様側にもその責任の一端はありますが、日本の住宅
産業の体質に大きな原因があるように思います。

バランサーは、一本の糸(紐)とバネが連携してその役目を果たします。

単純な構造で出来るだけ安価に交換出来るように考えられていますが、
その調達先や交換方法を知らなければ、サッシごと交換しなければ
直らないと勘違いしてしまうでしょう。

設計者やビルダーの知識や経験が家づくりにおいてどれだけ大切かを
感じて頂けた方は、不具合に備えて是非掛かり付けの専門家を見つける
ようにして下さい。

新築よりもその後のアフターメンテナンスの方が、家づくりには
何倍も重要なのですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
by mikami-homemade | 2016-09-14 10:00 | メンテナンス