人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

自分でやるのは、なかなか難しいかも

自分でやるのは、なかなか難しいかも_c0108065_10395517.jpg


こちらは、メーカー不明の輸入樹脂サッシのシングルハング窓。

写真のように、サッシ枠の溝の中に入っているゼンマイ式のバランサー
のバネが2つに断裂しています。いつも言いますが、どんなバランサー
でも寿命は10年程度です。

通常は、このバネ(コイル・スプリング)が1つになっていて、
バネが巻き上がる力を利用して、ボトム・サッシュ(下窓)が上に
持ち上がるように支えます。

でも、こうなってしまうと建具(障子)を上げ下げすることは出来ません。

殆どのケースでは、窓枠の両側にこれが付いているのですが、片側のみが
断裂します。ですから、建具のバランスが取れずうまく可動しなくなる
のです。

今回のお客様は兵庫県の方で、私共が遠方だからと私共から部品だけを
調達してご自身で交換をしたいとおっしゃっています。

枠の溝の中に入れられたのだから、交換するのも出来るはずだと
お考えのようですが、それをするのはなかなか大変なんですよ。
(バネやバランサーの付属品の方が、溝の幅より大きいので
物理的にうまく取り出せないのです)

まあ、やれないことはないのでしょうが、道具や経験の両方がないと
建築業者でも交換は出来ないと思います。

何でもトライすることは大切ですが、まずはプロの仕事をじっくり
見て、それから自分でやれるかどうか判断するのが一番いいやり方
かも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
by mikami-homemade | 2016-09-22 10:49 | メンテナンス