人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

防水塗装をすると雨漏れする?

防水塗装をすると雨漏れする?_c0108065_1634182.jpg


名古屋市瑞穂区で外装のリフォームをしているI様邸。

先日、レンガタイルの防水塗装をした処なんですが、お客様から
1階のトイレの床が濡れているという連絡がありました。

トイレが面している外壁には、レンガタイルが張られているのですが、
目地割れやタイルのヘアクラックはあったものの、室内への雨漏れは
今までなかったことでした。

足場があるうちにこうした問題が発生したことは、不幸中の幸いでは
あるのですが、工事前に未確認であった問題が発見されたことは
驚きでもありました。

原因としては、工事中に行った2つの事柄が想定されます。

1つ目は、雨樋を新しくする為に古い軒樋(屋根の鼻隠しに沿って水平に
入れる横方向の樋)を外したこと。

職人の仕事が忙しく、新しい樋の施工が連休明けになっているのですが、
その間屋根へ降った雨がタイルの外壁を伝って落ちてきます。

普通なら屋根の軒が少し出ていますから、外壁を雨が伝うことはない
のですが、屋根の端と外壁とが接するような納まりの処が存在し、
そこに沿って雨がタイルの外壁へと落ちていきます。
 
その落ちる際の部分は、まだコーキングや目地材等での防水処理が
なされていない状況ですので、そこから外壁の中へ雨水が侵入している
可能性もあります。

ただ、屋根は3階の上にありますから、そこから室内のどこにも漏水
せずに1階の床で出てくるというのは少し無理があるような気もします。

次に考えられるのは、タイル壁のクラックです。タイルの上には
防水塗装を施してあるのですが、クラックが入っているタイルの裏側
にも割れが入っている可能性があります。

そういう場合、タイル表面は防水処理されても中に雨漏れを起こす
状況が残りますから、割れの幅が大きい場合塗装のように薄く塗られた
材料では雨の侵入を防ぐことは出来ません。

また、タイルの外壁全体に防水処理を施すことで、壁の中に侵入した
雨水が外側へ排出されていたいつもの水みちが塞がれ、何らかの
構造体側への侵入路へと流れてきたのかも知れません。

ただ、トイレの直上の外壁にはタイルの割れは発生しておらず、
割れた箇所とトイレが少しずれているという点は変ではあります。

まあ、侵入路が横に走っているという場合もありますから、
全ての可能性を排除せず憶測で判断するのはやめましょう。

今回、問題と考えていた箇所は、事前に補修する予定の箇所でも
ありましたから、工期や費用に多大な影響を与えることはありません。

でも、これも丁寧に適切に対処する必要がありますから、完了時には
漏水試験を実施して漏れないことをちゃんと確認しますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
by mikami-homemade | 2017-05-08 16:11 | 塗装工事