人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

輸入サッシのチェックポイント

輸入サッシのチェックポイント_c0108065_11214592.jpg

今夜から明日朝の未明に掛けて、大型で非常に強い台風21号が名古屋
付近にやってきます。

皆さん、外で飛ばされそうなものの片付けや避難時の持ち出し袋の
用意など、事前の準備はお進みでしょうか。

さて、今回は古いサッシのチェックポイントの一端をご紹介したいと
思います。

こちらは、ミルガード(Milgard)社のシングルハング樹脂サッシですが、
まず樹脂の窓フレームの下に明いた穴を注目して下さい。

これは、サッシのフレームや建具(サッシュ)の隙間から雨水が侵入
してきた時に、雨水を外に逃がす役目を果たしています。

ですから、この穴から雨が入らないかと心配して、防水コーキング等で
穴を塞いでしまったり、ゴミが中で詰まっていたりしたら、その機能が
失われてしまいます。

こうした穴は、樹脂サッシだけでなく、アルミクラッドの輸入サッシでも
設けられていたりしますから、台風が来る前にチェックしておいて
下さいね。

次に窓の周囲に張られたスライス・レンガですが、レンガを壁に接着する
為のモルタルが施工されています。

よく見ると、窓とモルタルとの間の処理が不十分で、隙間が空いている
のが分かりますね。

こうなっていると、窓の周囲から雨が侵入して、家の構造体に影響が
出たり、最悪室内にも水が侵入することがあります。

勿論、サッシの周囲には防水シートや防水テープが張られているはず
なんですが、剥がれてきていたり張り方が悪かったりすれば、雨漏れや
シロアリ侵入のリスクが生じます。

最後は、雨漏れには関係ない部分ですが、網戸のスクリーンが白く
劣化してきています。こうなると、いくらグラスファイバーの網で
あっても破れてきてしまいます。

10~15年経った輸入サッシの網は、逐次交換するようにして下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

by mikami-homemade | 2017-10-22 11:31 | メンテナンス