人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ガラスの曇りは、ペアガラスの宿命です

ガラスの曇りは、ペアガラスの宿命です_c0108065_10310612.jpg

宮崎県にある輸入住宅で勝手口の輸入ドアのガラスが曇ってしまった
という相談を頂きました。

大きなペアの強化ガラスが入った素敵なドアですが、内部結露を起す
とガラスを交換するか、ドアを取り換えるかしか方法はありません。

ペアガラスは、シールド・ユニットと言って気密材によって一体化
された構造になっていますから、分解掃除をするようなことは
出来ないのです。

また、一旦入り込んだ湿気や水分は、絶対に外に出てきてくれません。

この輸入ドアは、随分前に取り付けられたもののようですから、
恐らくピーチツリー社のスチール・ドアではないかと思います。

ピーチツリーは既に会社が存在しませんから、交換部材をメーカーから
取り寄せるようなことは出来ません。

ですから、ペアガラスをドアから外すことが難しいようなら、別の
メーカーの輸入ドアでサイズの合うものと取り換えるしかないのです。
(尚、スチールに錆が出てきているようなら、ガラス交換ではなくドアを
グラスファイバー製のものに取り換える方がベターです)

私たちが宮崎まで調査に行って、このドアだけでなく他の輸入資材の
不具合もチェックしがてら、ガラスのサイズなど詳細をチェックする
という方法が一番いいかも知れません。

そうすれば、ほぼ完璧に状況を把握することが可能だと思いますが、
出張調査費はそれなりに掛かってきます。

それでもちゃんと直したいという情熱のあるお客様ならいいのですが、
そうでなければ輸入材を知らない地元の業者さんに適当な材料と施工で
修理されてしまうのでしょうね。

果たして今回のお客様のご判断は、どうなるのでしょうか。

このおうちだけでなく、多くの家で常にメンテナンスの問い掛けが
あると思います。

安ければ何でもいいのか、高くてもしっかり修理をしたいのか、
あなたの心持ちが、この家の寿命を決めるのかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

by mikami-homemade | 2017-10-29 10:36 | メンテナンス