輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

この気遣いがいいですね

c0108065_09351846.jpg

こちらは、岐阜県海津市で取り付けた新しい玄関ドアのヒンジです。

輸入住宅の玄関ドアに限らず、玄関は人の出入りが一番多い場所
ですから、ドアのヒンジに掛かる負担も多くなります。

ましてや輸入の玄関ドアは、室内ドアに比べて格段に重いですから、
その重量を支えるだけでも大変です。

こうしたドア・ヒンジは、2枚の蝶番が噛み合わさって出来て
いますから、それらの金属が徐々に摩耗してきます。

写真のような銀色のものや輸入住宅らしい金色のものなど、色は
様々ありますが、私たちが使うヒンジは全て丈夫なステンレス製。

それでも摩耗による劣化は起こりますので、10年程度で定期的に
交換頂くようにお願いしております。

勿論、出来るだけ長く使って欲しいという思いから、蝶番同士の間に
ステンレスのワッシャーを噛ませてその摩耗を少しでも抑える工夫を
しています。

皆さんのお住まいが新築から10年以上経過していたら、是非玄関ドア
のヒンジもチェックしてみて下さい。

きっと、そろそろ交換して欲しいと悲鳴を上げているはずです。

もしそうなっていたら、こうしたワッシャー入りの新しいヒンジを
お使い下さいね。

<関連記事>: 摩耗した玄関ドアのヒンジ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-11-25 09:44 | 定期点検