人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

取り付けるのには、工夫が要ります

取り付けるのには、工夫が要ります_c0108065_14320309.jpg


こちらは、カナダ ヴァイスロイ(Viceroy)社製ケースメント樹脂サッシ
用のウィンドウ・ヒンジ。

この輸入サッシは、セルコホームさんなどで多く使われているようですが、
使われている金物は逐次変わってきているようです。

この古いウィンドウ・ヒンジも例外ではなく、現在のヴァイスロイの
辷り出し窓(横方向に開いていく窓)には使われておりません。

今は形状が若干異なったものが使用されていますから、古いウィンドウ
・ヒンジを交換する場合、微妙にサイズが合わない状況となっています。

ですから、新しいヒンジを古いサッシに取り付ける場合、建具やサッシ枠
に加工などを施すなどして工夫が要求されるのです。

一般的にこの部品は取付けさえすれば、それで終わりであり、開閉にも
何ら支障は出ないものですが、古いサッシに形状の違う金物を取り付ける
となれば、そうはいきません。

こういう仕事をお願いされるのであれば、経験豊かな慣れた業者を
見付けないと、何度も作業を繰り返さなければならなくなりますから、
気を付けて下さいね。

北米の輸入建材の多くは、長く同じ部品を製造していますから、
何年経っても同じものが手に入るのが一般的ですが、今回のように
製造されなくなるものがあることを忘れてはいけません。

まあ、それでも輸入資材に慣れたビルダーであれば、何とかなる
はずですけどね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

by mikami-homemade | 2017-12-12 14:41 | メンテナンス