人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

気密を保つなら、これを交換

気密を保つなら、これを交換_c0108065_09010558.jpg


輸入サッシなら、どんなサッシにも付いているウェザーストリップ
(気密パッキン)。

窓枠側に付いていたり、建具(障子)側に付いていたり、サッシの
種類やサッシ・メーカーの仕様によって付いている場所や形状も様々。

こちらの写真は、マーヴィン(Marvin)社の掃出しサッシ
(スライディング・パティオドア)の上枠に付いていたものが劣化して
垂れ下がってきています。

窓の建具は開閉出来る訳ですから、窓枠との間には少なからず隙間が
生じるのは当たり前。

その隙間を埋める為に装着されているのが、柔らかな樹脂製の
ウェザーストリップなんですね。

樹脂が柔らかいのは、可塑剤というものが樹脂に含まれている
からで、時間と共にそれが揮発して抜けてしまいます。

そうなると、樹脂は固くなって割れたり千切れたりしてきます。

ウェザーストリップは消耗品と割り切って、10年毎くらいで
新しいものと交換したいものですね。

こんな小さな部品でも、強い雨や風を室内に入れないように頑張って
くれています。

勿論、普通の雨風では然程の問題はありません。でも、いつもきちん
としているおうちは、耐久性やオーラが全然違います。

車の燃費(省エネ)を気にするなら、サッシの気密パッキンも
気にして欲しいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by mikami-homemade | 2017-12-30 09:14 | メンテナンス