輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

輸入の玄関ドアは、重くて丈夫

c0108065_10191740.jpg


輸入住宅に施工される玄関ドアは、木製かファイバーグラス製の
ものが使われます。(古いものでは、スチール製もありましたね)

こうした輸入ドアは、国産のアルミ製と違い、相当な重量が
あるものです。

木製の場合であれば中まで木で出来ていますし、強化ガラスで
サンドされたステンドグラスがはめ込まれていたりしますから、
60kg以上の重さのものもしばしばです。

ですから、泥棒や空き巣が破壊しようとしても困難を伴いますから、
ドアそのものでなく、ロック・ラッチ等の付属部品を壊そうと
する訳です。(ですから、それを守るガードプレートは必修です)

ただ、そうした頑丈なドアですから、ドアを頻繁に開け閉めする
玄関では、ドア・ヒンジの摩耗も発生します。

この輸入住宅は、新築から10年近く経っていますが、蝶番の噛み
合わせの部分が随分減って、ガタガタになってきています。

こうなると、ドア自体が下がってきて、敷居のボトムシルに
擦ってくるようになりますから、ヒンジの交換とドアの位置調整が
必要です。

頑丈で美しいというメリットと、重いというデメリット。

全ていいとこ取りは出来ませんから、デメリットを補う工夫として
家のメンテナンスがあるとお考え下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-15 10:31 | メンテナンス