輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

屋根は過酷な環境です

c0108065_18564634.jpg


昨日、雨樋を外して屋根を洗浄した愛知県長久手市の輸入住宅。

始まったばかりですが、リフォームの施工は順調に進んでいます。

さて、今回写真でご覧頂くのは、洗いの作業を開始する前の屋根。

コンクリートの素材に防水塗装を施したいわゆるスレート瓦ですが、
今回塗り直しする前に1度塗り直しを行っている現場です。

中央の屋根材をご覧頂くと分かりますが、塗装面がめくれてしまって、
コンクリートの素材が顔を出してきています。

つまり、以前塗り直しした塗装が劣化し、その下にある古い塗装も
剥げた状況という訳です。それ程、屋根は太陽の光と熱や風雨に
曝されて、厳しい環境に耐えているのです。

剥がれた部分の周囲が少し黒っぽくなっていますが、この部分は
塗装が浮いて裏からも水が入り込んでいるように思います。

こうして剥がれたり浮いたりしている屋根は、洗浄するだけでは
きれいになりません。そうした部分は金属ブラシのようなもので
剥がせるだけ剥がすことが大切です。

そうしないと新しく塗った塗装の下で、古い塗装が浮いてきてしまい、
新しい塗装まで浮かせてしまうからです。

安くて仕事が早い流しのペンキ屋さんは、そんなことはお構いなしに
上から塗装をしてしまいます。

「臭いものにはフタをする」、安いからと言ってそんな業者さんを
選んでしまった方は、安物買いの銭失いかも知れません。

信用の置けるプロの業者さんで10年毎に外装の塗り直しをすると、
愛着のあるおうちは長持ちしてくれるはずですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-04-11 19:05 | 塗装工事