輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

輸入サッシのガラス交換、無事終了!

c0108065_17190733.jpg


昨日、ウィンテックという会社の輸入のオーニング樹脂サッシの
ガラス交換を行ってきました。

写真は、今回サッシから外したペアガラス。ペアガラスのうち、
内側のガラスに数ヶ所ヒビが入っていました。

ですから、雨水の当たる外側のガラスに問題ありませんでしたから、
ペアガラスの中に水が溜まるという問題はありませんでした。

でも、このまま放っておく訳にはいきませんから、私たちホームメイドは
ペアガラスをオーダーメイドで輸入して、交換作業を実施しました。

周囲の黄色いテープのようなものは、ガラスとサッシ枠とを密着させる
もので、これによってガラスと枠との間の気密・断熱を確保します。

また、ガラスの周囲に薄っすら黒く見えるのは、スペーサー。

スペーサーはペアガラスの内側と外側のガラスを接着させるもので、
ペアガラス内部に水や湿気が侵入しないようにします。

また、サッシ枠にペアガラスを入れた後にも、私たちはガラスや
サッシ枠の周囲に防水処理を施します。

輸入住宅で使われる輸入の樹脂サッシは、こうした様々な工夫をして
気密・断熱・防水性能をアップさせています。室内環境を快適に保つ
為に、窓メーカーや私たちは目に触れない部分にまで気を遣って
いるのです。

多分、国産サッシしか扱ったことがない日本のサッシ屋さんや
リフォーム屋さんでは、こうした気遣いをして交換してくれる
ところはないでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-04-22 17:35 | メンテナンス