輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

外壁の割れには、これも使える

c0108065_10013486.jpg


柔軟性や耐久性が高い外壁の塗り壁材として、スタッコフレックスを
以前紹介しましたが、アメリカにはこれと全く同じと言っていい
材料がいろいろあるようです。

ピュア・アクリル100%の液体に無機の骨材を混ぜて左官仕上げを
行うのですが、素材自体が柔らかくて外壁の伸び縮みに柔軟に対応
するという点でも同じです。

今回紹介する塗り壁材の名は、「コットンウォール(Cotton Wall)」。

ご覧のように、プラスチックの薄板にこの塗り壁材を塗って
折り曲げても全く割れは入りません。

また、素材がアクリルですから、水分は通さないが空気は通す性質も
私共が掲げる中気密・高断熱の考え方や壁体内結露の対策に合致します。
(但し、下地構造が正しくないと機能しませんので、ご注意を!)

そういったことから、恐らく耐久性はスタッコフレックスもコットン
ウォールもほぼ同じだけの期間持続するものと思われます。

写真のバックには色見本も写っていますが、アメリカらしく美しい
カラーが揃っている感じですね。(特注色も対応可だそうです)

こうした材料は、新築時に外壁の仕上げ材として塗り付けるのが
一般的ですが、私たちは割れが入った外壁の修復に使います。

ジョリパットのような塗り壁の外壁の場合、構造体の動きの変化や
外気の温度による伸縮によって、窓周りや外壁パネルのつなぎ目から
クラックが入ることがあります。

そういう時に、しっかりした下地施工を行った上で、こうした柔軟性
のある材料を塗り込むことをするのです。

勿論、最後の仕上げには、ピュア・アクリル100%の外装用パラペイント
で塗装して仕上げれば、完璧だと思います。
(但し、そこまでやっても、人間は自然には敵いません。私たちは
極力割れにくいようにリスクを減らすことだけしか出来ません)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-04-27 10:18 | 外装工事