輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

バルコニーの排水口は大丈夫?

c0108065_11162151.jpg


こちらは、バルコニー(ベランダ)の排水口付近の写真です。

施工から時間が経過しているのか、小壁には緑色の藻のような
ものも見受けられます。

通常のオーバーハングの場合、排水口はバルコニーの床に穴を明けて
施工するのですが、このお宅はバルコニーの下が部屋になっている
陸屋根構造の為、横方向の壁に穴を明けて樋をつないでいます。

ただ、横排水の場合は、ちょっとしたゴミや落ち葉で排水面を
塞いでしまう為、雨でベランダ内がプールのようになってしまう
リスクが多少増えてしまうかも知れません。

実際にこのおうちでもそういうトラブルに見舞われ、溜まった雨水が
防水層を越えて下にある部屋に雨漏れをしたそうです。

家というものは、上から降る雨には万全の構造になっているのですが、
下方向から入ってくる水には弱いのです。

(それなら、そこも塞いで防水構造としてしまえばいいという意見も
あるでしょうが、そこは構造内の湿気や水分を逃がす通気経路と
なっていますから、むやみに塞ぐことはよくありません)

こうしたトラブルは、毎日バルコニーの様子を把握していれば、
簡単に防げる問題です。

また、そういう時にベランダの床防水の状態もチェック出来ますから、
必要に応じてFRP防水の再塗装も適宜行うことが出来るはずです。

新築したら家は何もしなくても大丈夫なんていう考え方を多くの人が
持っていますが、それはどこから来るのでしょうか。

そんな原発神話のような迷信は捨てて、何年かに一度は家の補修や
メンテナンスも行うようにして下さい。そうすれば、きっと
長く家を愛していけるはずですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-05-08 11:26 | メンテナンス