輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

これじゃあ、雨が入るよねぇ

c0108065_11324890.jpg


知立市のお客様から輸入サッシの引き違い窓から雨漏れするので、
見に来て欲しいという連絡を頂きました。

丁度その日は強い雨が降っていて、私も一日会社でしごとをするだけ
という状況でしたから、その日の午後にお伺いすることにしました。

問題の窓を見てみると、確かに建具のフレームなどは輸入のものを
使っているように思いましたが、網戸の感じやサッシをロックする
クレセントの形状、左右の建具の両方共が可動する点などは、
国産のもののような気がします。

お客様はこの家を築7年くらいの時に買われたそうで、その前か
その時かに窓を業者の方がいろいろ触ったということでした。

国産のサッシでもそうですが、通常サッシの窓フレームは、室内側
にくる建具の内側にまで存在するものなんですが、ここの窓は
写真のように室内側にくる建具用の引き戸レールのところまでしか
ありません。

つまり、引き戸レールを境にして、樹脂の窓枠と木製の窓枠に
分かれているという構造なんです。

引き戸の場合、レールの上を戸車が載って窓を開閉するので、
レールと建具との間にはある程度の隙間がなければなりません。

ですから、吹き上がるような強い雨風の際には、雨がレールを越えて
室内側に入ってきます。

写真で言う網戸レールのところまで樹脂製の窓枠となっていれば、
窓から雨漏れすることはあまりないでしょうが、この状態ではサッシ
から雨漏れするのは当然です。

構造的に雨漏れを防止出来ませんから、この建具の外側に隙間を埋める
モール材を取り付けて、風の勢いを弱めたり、入ってくる水の量を
減らしたりする対策を取りました。

サッシのペアガラスも内部結露を起しているようですから、
近いうちにガラスの交換やサッシの防水処理をするようご提案を
させて頂き、今回の調査を終了しました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-05-19 11:44 | メンテナンス