輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

キーをなくしたそうで、交換してきました

c0108065_20454548.jpg


三重県津市の輸入住宅にお住まいのお客様から、玄関のドアにキーを
差したままにしておいたら、誰かに持っていかれたので鍵を交換したい
という相談がありました。

輸入の玄関ドアに付けられたデッドロック(デッドボルト)と呼ばれる
鍵は、カナダ ワイザー(Weiser)のもので、国内に在庫を持っている
業者もなく、私たちもデッドロックについては持ち合わせがありません。

ただ、北米のドアノブ(ドアハンドル)のいい処は、取付け穴の位置や
大きさはどのメーカーのものでもほぼ同じということです。

ですから、他のドアノブ・メーカーのデッドロックでも、形状さえ合えば
交換しても比較的違和感はありません。

お客様から写真をお送り頂いて、形状やサイズが最もフィットしたのは、
写真にある2種類のクイックセット(Kwikset)製デッドロックでした。
(つまり、玄関ドアが2ヶ所あるおうちです)

ただ、写真左の台座が楕円形をしたものは、ハンドルセットにしか
付属しておらず、デッドロック単体で購入した場合はまん丸の形をした
ものしか手に入りません。

運のいいことに、私たちは以前交換用に取り寄せたハンドルセットに
付属していたオーバル型のデッドロックを在庫として持っていました。

そう、ハンドルだけが壊れたので交換したいというお客様の為に
調達したセットの一部を残しておいたのです。

そして今日、はるばる津市まで行ってこれらを無事取り付けてきました。

ただ、既存のデッドロックが取り付けられていた穴の位置が正しい
ところでなかったので、穴の一部を削ったり、取付け部品を調整したり
しなければいけなかったので、少々苦労しました。

いい加減な施工をしている輸入住宅はよくあることですが、多分、
商品だけお客様にお送りしてご自身で取付けしてもらうという
やり方だったら、デッドロックの取付けは難しかったでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-05-20 20:59 | 輸入設備