輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

割れたハード社のペアガラス

c0108065_15274924.jpg


静岡からハード(Hurd)社製アルミクラッド・オーニング・サッシの
ペアガラスが割れてしまったという相談を頂きました。

やはり、ガラスが割れたままでは、防犯や台風などが心配ですね。

どうして割れたのかは不明ですが、19年前に施工された木製窓の
建具を調達するというのは、国産サッシではあり得ないことですね。

サッシ・メーカーに寸法やガラスの種類、格子のあるなし、アルミの
外装色や施工時期等を連絡した上で、今回も新しい建具を製作可能
との回答がありました。

但し、室内側の木部は無塗装で出荷されてきますから、防水塗装や
外装の防水処理は私たちの方で行います。

因みに、ハードは既にシエラパシフィック・ウィンドウズという
会社になってはいますが、ハード時代のサッシのアフターサービスは
今の処全く問題ないようですから、ご安心を。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-14 15:38 | メンテナンス