輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

天災は、忘れた頃にやってくる

c0108065_10451112.jpg


昨日、朝の通勤時間を襲った大阪北部地震(まだ仮の名称ですが)。

地震自体の規模としては、然程大きなものではなかったのですが、
大阪では直下型の地震であった為、被害が拡大した感じです。

でも、今回住宅への被害は、最小限であったと言っても過言では
ありません。ほぼ無傷だったようです。

これは、すごいことだと思います。今の基準で耐震化されていない
住宅も多かったはずですが、日本の家は軽く、揺れに対しては
しなやかに対応するということが功を奏したと思います。

ただ、社会の混乱は酷かった。あらゆる鉄道は一日ストップし、
人々は家にも帰れず会社にも行けず、大きな停電やガス漏れが
発生し、水道管が至る処で破裂した。

いくら家の強度が上がったとしても、脆弱な社会インフラが
直下型地震では成す術なく崩壊してしまったのです。

この程度と言っては語弊がありますが、より大きな東海・東南海
南海地震が同時に発生したらどうなるでしょう。

復旧まで何日も掛かるというレベルではなく、東北の大震災の
ように何年、何十年も掛かることになるかも知れません。

勿論、家へのダメージも今回の地震のようにはいかないでしょう。

少子高齢化で職人は不足し、資材も足りない状況となるはずです。
皆さんは、そういう状況になったらどうしますか?

天災は、地震だけではありません。強烈な雨風のスーパー台風や
竜巻・突風、20m以上の高さのある津波、火山噴火による降灰。

私たちは、あらゆる災害について今から考えるべきでしょう。

でも、輸入住宅は意外と復旧が早いかも知れません。
資材は、災害の影響がない北米から調達するのですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-19 11:06 | 全般