輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

国産の網戸は、10年持たない?

c0108065_11125648.jpg


こちらの写真は、とある輸入住宅のサッシに取り付けられている網戸です。

今回、お客様から全てのサッシの網戸の張替えについて、ご相談を
頂きました。

通常輸入の網戸には、耐久性の高いグラスファイバー製のスクリーンが
使われるのですが、どうやらこちらは国産のプラスチック製のものが
張ってあるようです。

プラスチックの網は、安価ですが10年もしないうちに所々破れてきて
しまい、早々に張替えが必要となります。

猫や犬などのペットがいたり、家族に小さな子供さんがいる場合は、
その寿命はもっと短くなってしまうと思います。

そういう点で耐候性・耐衝撃性が高い輸入のグラスファイバーの網は、
価格以上のものがあるかも知れません。

だって、網自体よりも張り替える手間や時間の方が、何度も張り替える
のであれば、余程高く付くでしょうからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-07-13 11:21 | メンテナンス