人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ウェザーストリップは、定期交換

ウェザーストリップは、定期交換_c0108065_16484403.jpg


屋外からの雨風の侵入を防いだり、省エネ・断熱性能の向上の為に
気密を上げたりするのに、輸入サッシにはウェザーストリップと
呼ばれる気密パッキン材が使われます。

柔らかな塩化ビニールやウレタンフォーム、短い毛のパイル・テープ
などがありますが、太陽の熱や紫外線でどうしても劣化してしまいます。

こうしたものは、おおよそ10年程度で交換していくことで、常に
いい状態を保つことが可能となります。

写真は、ハード(Hurd、現Sierra Pacific)社の片引きサッシの
窓枠に取り付けられたウェザーストリップ。

今回、お客様から自分で交換するので材料が欲しいというご依頼を
頂きました。

新しいものに交換すると窓に隙間が全くなくなりますから、断熱性が
よくなるだけでなく、外の音も以前より聞こえなくなると思います。

こうしたものは、車のタイヤと同じです。走っていなくても
長年車に装着してあるだけで、タイヤの表面にヒビ割れが生じて
きますよね?

そうなったら、タイヤの性能や安全性が落ちてきますから、
誰でもタイヤを交換するはずです。

サッシやドアのウェザーストリップは、窓の性能を維持する為には
絶対欠かせないものですから、タイヤと同様早めに交換をして下さい。

出来れば、将来交換する為に少し余分に在庫しておいても
いいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2018-08-20 16:54 | メンテナンス