輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

鍵を解除するのが大変でした

c0108065_19092165.jpg


名古屋市にある輸入住宅に住んでいる古いお客様から、掃出しサッシ
の鍵が掛かったまま外れなくなったので、何とか解除して欲しい
という相談がありました。

20年程前に新築したお客様でしたから、そろそろメンテナンスを
した方がいいと何度かご案内させて頂いているのですが、なかなか
すぐには出来ない状態とのこと。

何れにしても、何とかしなきゃいけないということで、急遽お伺い
してきました。

確かにロックが固くて、うんともすんとも動きません。

輸入の掃出しサッシは、空き巣や泥棒さんに狙われることを想定して、
ペアガラスは強化ガラス、ロックは通常モーティシー・ロックを採用
していますから、そう簡単には突破出来ません。

泥棒が突破しにくいということは、私たちが鍵を解除しようとしても
同じように難しいということなんです。

ドアの高さを調整して下げてみたり、ロックセットをいじってみたり
いろいろなことをやりましたが、全然言うことを聞いてくれません。

恐らくドア枠側のストライクとドア側の鈎錠(ラッチ)が噛んで
しまって動かないのではないかということで、出来るだけドアを
ドア枠側に寄せるようにやってみた処、瞬間的に鍵が外れました。

いや~、大変な作業でした。

こちらの掃出しサッシは、確かインシュレート(Insulate)社
のものだったように思いますが、写真のようにラッチではなく
ロック用のバーが2本飛び出している形状でした。

こんなに強固なロックケースが内蔵されている掃出しサッシは
初めてみました。(取付けした私ですら、気が付きませんでした)

ただ、このロック自体は破損していた訳ではなく、部品の位置が
ずれていたのが原因でしたから、調整してちゃんと動くように
なりました。

もしロックが外れなかったら、バルコニーに洗濯ものが干せない
ばかりか、エアコンの室外機もメンテナンスが出来ません。

勿論、窓を開けて換気をすることも出来ないですから、
鍵が明いてよかったです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-07 19:21 | メンテナンス