輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

よくこんな風に考えましたよねぇ

c0108065_23521224.jpg


今日は、アンダーセン(Andersen)社製ダブルハングのメンテナンス
の調査の為に、お客様の輸入住宅に伺いました。

長年メンテナンスをお願いする先がなかったということで、窓も
いろいろ修理や交換すべき箇所がいくつもありました。

上下の建具の交換や網戸の張替え、全てのダブルハングのバランサー
の交換と盛りだくさんの内容でした。

それでも、何とかしたいという思いがいつもあって、掃除をしたり
ガラスを拭いたりはして頂いたそうで、まだ何とか直せるレベルに
納まっていましたから、よかったです。

家を何とか維持していきたいという気持ちが、やはり一番大切です。

家の調査が一段落して、奥様と少し談笑させて頂いた折に、
サッシの下側に何か付いているんだけど、あれは何ですか?という
質問を頂きました。

窓の外側のそれも下の方に何か付いていたかなと不思議に思い、
家の外へ出てみました。

その時撮った写真がこちらです。皆さん、何だか分かりますか?

多分、普通の人では分からないと思いますが、これはサッシを
構造体に打ち付けておく為のネイルフィンと呼ばれるものです。

これがサッシの四方に付けられていて、この樹脂製のフィンを
釘やビスで構造に固定する為に使われます。

つまり、このサッシは、下側が構造体に固定されていないという
ことです。ただ、その他のフィンが留めてあるでしょうから、
サッシが家から外れることはありません。

恐らく、このフィンを外壁の外側に持ってくることで、水返しの
役割を持たせようとしたのではないかと思います。

しかし、こうした施工をした場合、フィンと外壁材とのつなぎ目や
フィンの両端の防水処理をしっかりやっていないと雨漏れのリスク
が発生します。

幸い防水コーキングなどは、少し汚く感じられるくらいベットリと
塗り付けてありましたから、今の処は大丈夫です。

それにしても、施工方法を熟知しない大工(職人?)さんは、
想像力を駆使して思いもつかぬ納め方をするもんです。

それに気付いたお客様も、大したものだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-07 00:05 | 外装工事