輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ここまで来ると、ドアが敷居に当たります

c0108065_13100771.jpg


お客様からファイバーグラス製の玄関ドアのメンテナンスを
自分でやりたいので、材料供給をして欲しいというご相談を
頂きました。

ドアの建て起こしの調整や劣化した塗装の塗り直し、ラッチや
ウェザーストリップの交換といったことも行う必要がありますが、
全てやるのは結構高いハードルがあります。

取り敢えず、ヒンジの交換がしたいということでしたので、
写真をお送り頂いたのですが、噛み合わせの部分が擦り減って
隙間が空いてしまっています。

噛み合わせの心棒も錆びてきているようですし、ドアやドア枠
に彫り込まれた部分とヒンジとがずれてきている感じです。

この状態だと、ドア自体が下に下がってきているだけでなく、
ドアがハンドル側に傾いてきているでしょうから、玄関ドアが
敷居やドア枠に当たってしまい、開閉もスムースにいかないかも
知れません。

確かにご自身でメンテナンスをするおとはいいことですし、
基本でもありますが、ルービックキューブのように複雑に
絡み合った不具合をバランスよく調整していくのは、プロの
私たちでも経験とノウハウが必要です。

闇雲にやってみる前に、一度プロの仕事をよく観察して
やり方や道具の知識を頭に入れてから、自分でやるのが一番な
気もします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2018-10-12 13:18 | メンテナンス