輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

水道管の漏れって、結構多いようです

c0108065_12122800.jpg


先日、20年来のお客様から水道の配管から僅かに漏れがあって、
水道企業団のサービスに来てもらったという連絡を頂きました。

企業団は、普通の水道屋が持っているよりも優れた道具を持っている
らしく音での調査をある程度正確に行えるとのことでした。

企業団は、おおよそこの辺りではないかということをお客様に伝え、
水道管の補修は水道屋にやってもらうようにと言っていたそうで、
私の方で水道屋を手配してくれるようにとご依頼を頂きました。

そこで、企業団が想定した辺りにあった埋込型の散水栓の水道管を
確認し、その先の水道管に問題がないかチェックしました。

でも、散水栓につながる水道管には特に問題は見られなかったので、
散水栓の配管ではなく、建物の方に行っている本管部分が怪しい
という結論になりました。

ただ、それがどこに走っているかということは、再度企業団に
調査してもらわないと正確な位置は分かりません。

何せ駐車場のコンクリートを全て剥がす訳にはいきませんし、
散水栓の脇にある擁壁の向こうとなれば、相当大掛かりに
工事を行う必要が生じます。

ただ、企業団の調査は、相当混み合っているらしく、何ヶ月も
先になるかも知れないとのこと。

企業団はここ日進市、東郷町、三好市、長久手町、豊明市をカバー
しているらしいですが、それこそ毎日何軒も調査をしているという
ことでしょうから、ほぼ毎日この限られたエリアのどこかで同様の
トラブルが発生しているということになります。。

水道管は、塩ビの管を接着剤でつないだだけという簡単な構造
ですから、毎日水道の圧力が掛かっていればそのうち管の接続が
抜けてくるというのは当たり前ですが、もう少し資材メーカーも
考えた方がいいような気もします。

そうそう、水道管の漏れは、ちょっとだからと放置してはいけません。
そのうち完全に外れてしまうと、家の水道は全く使えない状態に
なりますし、水道屋もすぐに復旧は出来ませんから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-15 12:24 | メンテナンス