輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

太陽光発電の勧誘にはご注意を!

屋根上の太陽光パネルが「燃える」、3つの原因 (2019年2月4日 日経ビジネス)

c0108065_18000410.jpg


最近、ソーラー発電の装置から出火して火災になっているケースが
続発しているらしいです。(上記リンク記事参照)

その原因は、メンテナンスをしなかったという整備不良や施工時に
ちゃんとした取付けを行わなかったという施工不良、万一に備えて
施工されるべき不燃材の施工の欠落。

訪問販売してくる業者は、何ら見ず知らずの人間でしょうから、
口車に載せられるとやり逃げの憂き目に遭うかも知れません。

信用出来る業者に頼むべきですから、出来れば家を施工した
ビルダーにお願いするのが間違いは少ないと思います。

それは、家のメンテナンスについて将来に亘って責任があるという
点で変なことは出来ないと考えるからです。

また、太陽光の設備についても10年おきに点検・整備が必要ですから、
屋根や外壁の塗り替え等のメンテナンス時期に合わせて同時に
補修が行えるという点でも有効です。

ただ、今後の太陽光は、設置価格が下がるとは言え、売電に期待が
持てる程高い利益が上がると考えるのは間違いです。

基本は自身の家の電力を自力で賄うということと、地震などの万一の
災害でも電力インフラを確保出来るようにすることの意義を念頭に
入れて設置するという考えを持って下さい。

これで生活費を賄おうなどと勧誘する業者は、オレオレ詐欺と
然程変わりはないと考えるべきかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-02-04 18:00 | 定期点検