輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

軸が折れていなくて、よかったです

c0108065_18140386.jpg


クランクハンドルが壊れたので、新しいものを調達したいと
埼玉の方からご相談を頂きました。

こちらの輸入サッシは、20年程前に施工されたカナダ ローウェン
(Loewen)社製ケースメント・サッシですが、金物類はそろそろ
交換すべき時期を迎えているようです。

ご覧頂いたようにハンドルの裏には小さなマイナス頭のビスが
付いていて、これでハンドルをオペレーターに固定します。

今回は、ハンドルのみが悪くなって開閉に支障をきたすように
なったとのことですが、よくあるのがオペレーターの回転軸が
根元で折れてしまって、ハンドルが空回りする不具合です。

お客様の多くは、この軸の部分もクランクハンドルの一部だと
勘違いをして、オペレーターを手配しないでハンドルのみを
ご購入頂くということがあります。

それでは、いくらハンドルが新しくなったとしても、空回りする
不具合は全く解決しませんね。

今回はそういうことがないとのことですが、私たちにご依頼頂く際は、
写真を交えて出来るだけ多くの情報を寄せて頂けると、不具合箇所の
特定がスムースになりますと。

ハンドルだけでなく、ハンドルカバーなどもよく割れたりしますから、
他の輸入サッシ・メーカーのものを含めて、きちんと直すように
してもらえれば、愛着ある美しい輸入住宅を維持することが出来るはず。

そういう気持ちが、家族や財産を守ることにつながりますから、
どうぞ心して下さいませ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2019-02-07 18:25 | メンテナンス