人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

爪が出なくなったら、交換しましょう

爪が出なくなったら、交換しましょう_c0108065_17352489.jpg


こちらは、マーヴィン(Marvin)社製トリムライン・スライディング
・パティオドアに付いているモーティスロックと呼ばれる金物です。

防犯上重要な部分については、頑丈な金属で作られていますから、
これを破壊して泥棒が侵入するということは殆どないと思います。

ただ、鍵を解除する為のロックレバーが折れてしまったり、ロックの
鍵爪がちゃんと動かなくなって、サッシの開閉が出来なくなることは
よくあります。

ロックレバーの破損は、鍵爪とそれを受けるサッシ枠側のストライク
プレートの位置がずれて、無理に鍵を掛けようとする場合などに
起こります。

輸入サッシは、掃出しサッシに限らず、どんな形状のサッシでも
操作が軽く出来るように作られていますから、無理に操作しないと
動かないという状態は、正常な状況ではないと考えるべきです。

鍵爪が出てきたままになったり、出てこなくなったりする場合は、
鍵爪を動かす為に内蔵された小さなバネが外れてしまったか、
欠損してしまったかが原因です。

出てきたままになると受け側に鍵爪が掛かったままになりますから、
ロックが解除出来ません。(泥棒も壊せない金物ですから、これを
解除するのは、相当困難です)

出てこなくなると鍵を掛けることが出来ませんから、防犯上の
心配がありますね。

何れにしても、破損する前には必ず予兆のような現象がありますから、
その段階で放置せずに専門家に相談すべきだと思います。

勿論、単純にモーティスロックを交換すれば直るという問題であれば、
部材を手配するだけですから、大きな問題にならないはずです。

こうしたロック部品も消耗品です。車のブレーキが利かなくなる前に
ブレーキ・パッドを交換するのと同じですから、こんな処でケチって
いてはダメですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-02-12 17:54 | メンテナンス