人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

なかなかないんですよね

c0108065_10502834.jpg



こちらは、ケースメント・サッシの窓枠側と建具側の両方に取付け
られている気密パッキン材のウェザーストリップ。

家の気密を上げるだけでなく、防水・防風や断熱効果の機能も
担っていますから、家の性能維持には大切な部材です。

ですから、10~15年くらいで劣化したウェザーストリップを
交換するのが理想的だと思います。

ウェザーストリップは、使う場所や輸入サッシ・メーカーによって
様々な形状・サイズのものが存在します。

写真のものは、ミルガード(Milgard)社の辷り出し窓に使われて
いるものなんですが、この形状のものはミルガードでは供給して
くれなくなっています。

でも、イカに似た形状のウェザーストリップは、どこの窓メーカー
でも採用しておらず、部品メーカーでも販売している処は殆ど
ありません。

ただ、ミルガードのサッシは、値段が安価で性能もまあまあ
でしたから、国内で施工された例は数多く存在します。

輸入住宅ブームの際に新築したおうちのメンテナンスが、そろそろ
始まってきていますから、このウェザーストリップが欲しいという
問い合わせも増えてきています。

部材メーカーの状況に左右される為、私たちでもいつ入手出来なく
なるか分かりませんから、今のうちに手に入れておうちに在庫して
おくことをお勧めします。

それにしても、マニアックな話ですよね。でも、これってどこの
輸入住宅、どこの輸入サッシでも問題となることですから、
他人事とは思わずにご自宅の窓もチェックしてみて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。



by mikami-homemade | 2019-03-20 11:08 | メンテナンス