人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ハード(Hurd)の建具を交換しました

ハード(Hurd)の建具を交換しました_c0108065_21014107.jpg


こちらは、先日掃出しサッシの建具を交換した下田市の輸入住宅。

実は、掃出しサッシだけでなく、写真左と中央の2つのケースメントも
建具(障子)を交換しました。

どちらもペアガラスの内部が曇ってしまい、外がよく見えなくなって
いましたので、傷んだオペレーターと一緒に交換したいというご相談でした。

右端のケースメントの緑のアルミ枠が白化してきているのに比べ、新しい
建具は濃い緑色をしているのがお分かりでしょうか。

ガラスの曇りは、アルミ枠とガラスとの接点から中に雨が侵入したのが
原因ですね。

オペレーターの破損の原因は、建具の開閉がスムースでない状態の中、
無理に窓を閉めようとしてハンドルを強く回してしまうことが多い
のですが、今回も窓が閉まりにくくなっていました。

そこで、事前に防水処理をした新しい建具に交換する際に、開閉金物類の
調整を行いました。

金物類も多少曲がったり、劣化したりしてきますから、そのうち交換
することが必要ですが、今回は交換するまでのことはありませんでした。

当然メンテナンスした後は、サッシの開閉もスムースになりましたし、
鍵もしっかり掛けることが出来るようになりました。

皆さんの家の輸入サッシも掃除や潤滑剤を塗布してあげて、たまには
手入れをして頂くと長持ちするはずですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2019-05-23 21:13 | メンテナンス