人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

表記が多少違います

表記が多少違います_c0108065_16360546.jpg


こちらの写真は、ユニーク(Unique)社製のチャネルバランサー。

メーカー不明のシングルハング・サッシに付いていたものなんですが、
ご覧のように滑車からヒモが外れ、バネも本体から取れてしまいました。

恐らくバランサーの不具合が原因で上げ下げ窓の調子がおかしいという
サッシは7ヶ所あるそうで、何れも耐用年数が過ぎている状態です。

ユニークのバランサーは、一般的なコードウェル(Caldwell)社のものと
同じ作りになっていますが、その製品表記は異なります。

こちらのバランサーには、「20C」という刻印がされており、上げ下げ出来る
建具(障子)の適合重量は5.4~6.8kgとなっています。

コードウェルの場合、それに該当する表記は「20 3」ですから、長さや
幅、建具重量を確認した上で、適切な交換バランサーを調達することが
大切です。

因みに、今回窓に装着されていた建具の重量は、7kg。現在付いている
バランサーに対しては若干重いようにも思いますが、もう1ランク
バネが強いものにすると10.4kgまで持ち上げ可能となりますから、
逆に窓が浮き気味になるように思います。

丁度どちらのバランサーでも使えるくらいの重さですから、あとは
お客様の好みで選択頂く以外にありません。

ただ、現状のバランサーと同じもので使用に問題がなかったという
ことであれば、適合重量が5.4~6.8kgの範囲のものをお勧めします。

こういったアドバイスや提案が出来るのも、ある程度専門知識を
持っている人に限られますから、今後メンテナンスが不安だという
お客様は輸入住宅の専門家にご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2020-02-16 16:47 | メンテナンス