人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

折れ戸が傾いていませんか?

折れ戸が傾いていませんか?_c0108065_18595556.jpg


輸入住宅の造り付け収納用に設置するバイフォールドドア(折れ戸)。

構造が簡単で開け閉めもスムースなはずなんですが、長く使っていると
ドアの開閉がしづらくなってきませんか。

バイフォールドドアは、吊元の部分をビスで固定することによって、
ドアを適正な位置から動かないようにしているのですが、いつしか
この固定がずれてくることがあります。

写真は、吊元の固定金具が上枠レールから外れている様子です。

恐らくビスが何らかの原因で少し緩んできて、それでドアの位置が
微妙にずれてしまったのだと思います。

上側の固定金具(ピボット)がずれても、床側のピボットがずれない
という場合、ドアは垂直になっておらず少し傾いた状態になります。

真っ直ぐな状態でスムースに動くように作られている折れ戸ですから、
傾けばちゃんと開けられない状態となります。

それを力づくで無理に開けようとすると、固定金具がレールを押して
レールが曲がり、固定金具も歪んできてしまいます。

これでは、折れ戸が外れてしまい、収納ドアとしての機能を果たすことが
出来ません。

バイフォールドドアは、簡単な仕組みで動くように作られていますが、
その分それ程強度が高くありません。

ドア枠とドアとの隙間を見て、もし上下で隙間に違いがあるようなら、
それはドアの調整メンテナンスが必要というサインです。

もし金物類が不具合を起しても交換すれば直りますが、そうなる前に
早めに調整するようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2020-03-06 19:21 | メンテナンス