人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

よくあるロックに見えますが、微妙に違います

よくあるロックに見えますが、微妙に違います_c0108065_19150287.jpg


埼玉のお客様から、ハード(Hurd)社製掃出しサッシに装着されている
ロック金物(モーティスロック)の調子がおかしいので交換したいという
ご相談を頂きました。

こちらがその金物ですが、内蔵されている小さなバネが弱くなって、
ラッチフックの飛び出しが従来のようにアクションしなくなって
きているのだと思います。

こうしたデザインのモーティスロックは、比較的多くの輸入サッシ・メーカー
で使われているのですが、ほんの少し他とは違う箇所があります。

それは、ロックレバーの操作バーを差し込む為の穴の位置です。

よく国内で見る輸入サッシの金物は、差し込む穴が45度の角度になって
いるのですが、こちらはフェースプレートと並行な形で穴が明いています。

これをうっかり見逃してしまうと、せっかく調達した金物が交換出来なかった
なんてことにもなりますから、注意が必要です。

あと、この穴なんですが、今現在手に入るものは穴が少し狭くなっている
ようです。(昔のものは、穴が少し大きめでした)

ということは、今まで使っていたロックレバーが穴に入らないなんて
ことにもなりますから、そりゃ大変です。

私たちは、そういう場合に備えて、電動のグラインダー(研磨機)を
持っていますから、古いロックレバーの金属バーを微妙に削って
穴にうまく入るように加工することも可能です。

そんなことまでやれる輸入住宅ビルダーは、国内にどれだけいるでしょうね?

何れにしても、最近鍵の掛かりがおかしいと感じたら、防犯の為にも早めに
交換するよう心掛けましょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


タグ:
by mikami-homemade | 2020-07-24 19:29 | メンテナンス