人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

雨の日は、心配ですよね

雨の日は、心配ですよね_c0108065_15475108.jpeg


長久手市の輸入住宅にお住まいのお客様から、マーヴィン(Marvin)の
輸入サッシについてメンテナンスの相談を頂きました。

ダブルハングサッシの上窓(アッパーサッシュ)の下枠が腐って、屋外の
アルミカバーごと脱落してしまったとのことでした。

その為、今は上窓を下から支えるつっかえ棒で何とか窓を閉じている状態で、
それがなければ上窓が自然と下がってきてしまうようです。

当然、上窓の下枠に取り付けられているロック受けの金物も機能しない
状況でしょうから、鍵が掛けられない心配な感じではありますが、
幸いこの窓は2階の高い位置にある為、泥棒も手が出せないようです。

ご覧の通り、ペアガラスの中は水が入って全く外が見えない状況です。

これは、窓が雨に強く当たる外壁面(南面又は東面)にあることと、
軒の屋根が全くないような設計・施工がなされたことが、大きな原因です。

勿論、建築後のメンテナンスとして、サッシ本体の防水施工をやって
こなかったという後天的なミスも重なりました。

(サッシと外壁とのつなぎ目を防水コーキングすることは一般的ですが、
サッシそのものを防水するという発想は、塗装屋さんやリフォーム屋さん
にはありません)

これ以外のサッシでも、殆どの上窓のガラスが曇っているそうですから
この不具合は相当深刻ですし、下窓についても不具合が顕在化していない
だけで、同様のトラブルを抱えている可能性が高いと思います。

何れにしても、この長雨で更に雨水が入り込んできているでしょうし、
これから台風シーズンに突入する時期ですから、お客様も相当心配に
なっていらっしゃることでしょう。

ただ、輸入サッシの交換建具は、入荷に3~4ヶ月掛かりますから、
その間は我慢して頂く以外方法はありません。
(コロナの影響で物流や製造が遅れていますから、今は更に掛かります)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-07-26 16:00 | メンテナンス