人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

丸裸にしたところです

丸裸にしたところです_c0108065_19545823.jpg


昨日、トステム(トーヨーサッシ)が輸入・販売していたリッチモンド
(Richmond)製ダブルハング・サッシのペアガラスを外しました。

古いペアガラスが内部結露を起して曇っていた為、交換する目的で
ガラスを外したのですが、ガラスは外装のアルミカバーで固定されて
いますから、アルミの板材を全て外さなければペアガラスは外せません。

これが相当厄介な作業で、適切な道具と力仕事の2つが必要でした。

アルミの外装はしっかりと建具の木枠にくっついていますから、そう簡単に
外れるものではありません。

無理に外そうとすれば、アルミの板が曲がって使いものにならなくなります。

トステムでは現在この窓を扱っていませんから、部品の供給もありません。

ですから、部品を壊してしまったら、一巻の終わり。

丁寧に時間を掛けてこの状態にするのに、1日掛かりました。

ペアガラスを外した木枠の周囲には、防水テープの残骸がしぶとく残っています。

黒っぽい跡がそれですが、これも丁寧に剥がしてきれいにしないと、
木枠と新しいペアガラスとの間に隙間が生じてしまいます。

隙間があれば、湿気がある空気がペアガラスの周囲に入り込んでしまいますから、
古い防水テープを残しておいてはいけません。

通常のアルミクラッド・サッシは、このように建具を分解してガラスを
交換するという離れ業は出来ません。

ですから、既に国内でのサービスが受けられないリッチモンドのサッシの
ガラス交換が出来るのは、お客様にとってはラッキーなことだと思います。
(私たち施工者にとっては、相当厄介ですが・・・涙)

因みに、この修理が出来る人は、日本に何人いるんでしょうねぇ?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2020-09-25 20:15 | メンテナンス