人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

きれいに交換出来ました

きれいに交換出来ました_c0108065_18002215.jpg


今日は、名古屋市昭和区の輸入住宅にて、スライディング・パティオドア
(掃出しサッシ)のハンドルやロック金物の交換を行いました。

輸入サッシのメーカーはよく分からないのですが、屋外側のハンドルが
プラスチックで出来ていて、劣化して脱落してきてしまいました。

ハンドルだけでなく、モーティスロックと呼ばれるロック金物もバネが
弱ってきていましたから、交換するタイミングです。

内外のハンドルやロックケースの形状は、以前お伺いした際に確認済み
でしたから、同じ寸法・形状のものを探すのには然程苦労はありません。

このサッシは2ヶ所ありましたから、ハンドルやロックも2つずつ
アメリカから取寄せて取付けを実施。

ハンドルの取付けビスが変に抜けなくなっていましたから、金ノコで
切断しなければならないといったアクシデントはありましたが、
このように無事施工は完了しました。

部材の交換だけでなく、ドアの建て起こしを調整したり、ロックラッチの
出方の調整をしたり、潤滑剤を塗布してドアや金物の動きをよくしたりと、
いくつか余分な作業も行いましたから、以前とは見違えるようなドアに
なっているはずです。

(但し、戸車やレールが傷んでいる場合は、完璧には修整出来ませんが・・・)

こういうほんのちょっとした仕事の気遣いが、お客様にとっては
嬉しいことでしょうし、家を長持ちさせる秘訣でもあります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-11-13 18:17 | メンテナンス