人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

不規則な出入りの鍵爪(ラッチ)

不規則な出入りの鍵爪(ラッチ)_c0108065_12582348.jpg


こちらは、昨日交換して取り外した輸入掃出しサッシ用ロックケース。

モーティスロックとかモーティシーロックと呼ばれる防犯性の高い
ロック金物ですが、防犯性が高い分破損してロックが掛かったままになると
解除するのも厄介な代物です。

マーヴィン(Marvin)社インテグリティ(Integrity)シリーズの
スライディング・パティオドアに使われていたものですが、マーヴィン
以外の窓メーカーでも多く使われています。

このロックケースは、ロックレバーをキーホールに差し込んで操作する
ことで、小さなバネが鍵爪(ラッチ)をアクションさせる仕組みです。

本当に小さなバネですから、10年以上使い続けているとそのうち
バネが弱くなったり、劣化して外れてしまったりします。

そうなると、鍵爪の出入りが制御出来ず、鍵が掛かったままになったり
逆に鍵を掛けられなくなったりします。

写真のようにラッチが中途半端に出るといった状態は、バネが既に
不具合を起していることを意味します。

ロック金物は、破損すると即防犯の問題に直結しますから、最近調子が
悪いと感じたら、調子が悪いものを含めて家中の掃出しサッシ全てで
交換することをお勧めします。

また、その際はドアの建て起こし調整や鍵の掛かり調整、ハンドル部分の
ビスの緩みなどをメンテナンスすると、また長く使えるようになりますよ。

トラブルのタイミングは、点検をする絶好の機会です。単純に部品交換
するだけなら、素人の皆さんでも出来ますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


タグ:
by mikami-homemade | 2020-11-18 13:06 | メンテナンス