人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

あの腐った木製建具が、この通り

あの腐った木製建具が、この通り_c0108065_17403815.jpg


昨日、リッチモンド(Richmond)社のダブルハングサッシの木製
建具枠の補修の様子を記事に書かせて頂きましたが、ペアガラスを
入れ換えて、アルミカバーを装着したのがこの写真。

内部結露を起して、ガラスの中が曇った状態でしたが、見事に
美しくなっていますでしょ。

アルミクラッドのカバーも、濡れた手ぬぐいで汚れをきれいにしてから、
元通りに木枠へ取り付けました。

当然、アルミカバーのつなぎ目やペアガラスの周囲には、防水コーキングを
入れてありますし、ペアガラスの屋外側と室内側のそれぞれに防水テープも
付いています。

建具を一度分解して構造も十分に理解していますから、どこが雨漏れの
弱点になるかをチェックして、木枠が腐らない対策も施しています。

ですから、オリジナルの状態よりもより一層雨漏れに強い建具に変わって
いるのです。

ただ、万一雨が建具内に侵入した時のことも考えて、ちゃんと水抜きに
なり得る箇所は敢えて防水処理をしない状態にしてあります。
(当然、オリジナルの状態でも防水処理はされていませんでした)

解体作業を始めてから組み上がるまで、1週間以上の時間を掛けて
仕上げていますから、修理原価は度外視ですね。

でも、こういうことをすることで経験も積めますし、輸入サッシについて
理解を深めることも出来る訳ですから、トライする価値はあります。

ただ、道具や材料の準備もしないで闇雲に修復を行えば、破損や復旧
不能なんてことにもなりかねませんから、素人のお客様がいきなり
やってみるというのはお止め下さいね。

また、防水処理はあくまで一時しのぎですから、10年毎にガラスの
周囲等の防水をやり直す必要があることをお忘れなく。
(お客様の中には、これでもう一生大丈夫と勘違いされる方も
たまにいらっしゃいますから・・・)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-11-20 17:53 | メンテナンス