人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

水漏れ、止まりました

水漏れ、止まりました_c0108065_15194985.jpg


朝一番に大府市へ行って、ピフィスター(Pfister)社製キッチン水栓の
カートリッジバルブを交換してきました。

写真は外してきた不具合バルブですが、見た目としては特に問題は
なさそうです。

でも、僅かな水漏れは目視では分からない程のゆがみや隙間、損傷が
原因ですから、いくらきれいな部品でも交換せざるを得ません。

水栓金具を分解しないと、このカートリッジバルブという部品は
中から出てきませんが、錆や汚れといったものが付着していますので、
なかなか取付けナットが外れてくれません。

そういう時の為にいくつか特殊な工具や材料を用意している訳ですが、
武器を持たない一般のお客様では交換作業をするのは相当大変
かも知れません。

ワンレバーの輸入のキッチン水栓には、こうした形状のバルブを内蔵
しているのですが、メーカーや製造時期が異なると例え似ていても
バルブ自体に全く互換性がありません。

今回も、この水栓金具にだけ適合する止水バルブをわざわざアメリカから
調達して取り替えました。

カートリッジバルブは半永久的とは言われていますが、道路の水道管の
工事によって細かな砂粒が水道内に入り込んだりして、それがバルブに
噛んでしまうこともしばしばです。

そういう点で、輸入の止水バルブも10~15年くらいでは交換すべき
部品のような気がします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2021-02-28 15:35 | メンテナンス