人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

取り敢えず、交換用のドアを見積もります

取り敢えず、交換用のドアを見積もります_c0108065_18053510.jpg


こちらは、ハード(Hurd)製のスライディング・パティオドア。

グリーンのアルミカバーの塗装が劣化して、随分白っぽくなってきています。

静岡県伊東市のお客様で、以前も違う掃出しサッシのドアやケースメント
サッシの建具を交換したことがあるお宅でした。

今回は、新たにスライディング・パティオドアの可動ドアの動きが悪く、
レールの上に錆が落ちている状況なので、ドアを交換したいということでした。

下のレールに錆が落ちているということは、スライド・ローラーの金物が
劣化している可能性が高いと思います。

ただ、この部品は通常雨が当たらない場所になりますから、アルミ枠と
ペアガラスとの境い目から雨が浸入し、それが木部やローラー部品を
劣化させていることが考えられます。

木部がどのくらい悪くなっているかは、ドアを外してみないと分かりません。

であれば、まずはローラー部品のみを交換する形にして、その際木部の
チェックをしてみて、悪ければドアの交換を検討してみるという方法も
ありますが、それだと2回現場へ伺う必要が出てきます。

勿論、金物だけの交換であれば、出張は1回で済みますが、ドアの動きが
相当重いということだと、木部の腐りによってローラーの周囲の木が下がり
レールに当たってきている可能性もあります。

今回は、お客様に想定し得る状況をお知らせして、可動ドアのみを交換
する形で見積を差し上げようと思います。

やはり、悪くなってきているのをそのままにして、簡易に修理を行うのは
後々また費用を掛けるだけですから、ちゃんと直しておいた方がいいですね。

あと、先回お邪魔した際にご提案した通り、このサッシ以外のすべてのサッシ
について窓ガラスの防水処理をやっておいた方がいいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2022-02-16 18:22 | メンテナンス