人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ご自分で交換出来ますか?

ご自分で交換出来ますか?_c0108065_17333777.jpg


千葉のお客様からシングルハングサッシのペアガラスが錆びてきたのと、
バランサーがおかしいので調達したいというご相談を頂きました。

サッシは、ミルガード(Milgard)製の樹脂サッシ。

湯気などの水分が多い浴室に取り付けられている窓ですから、ペアガラスの
内部結露やバランサーの寿命が早いのは必然と言えます。

お風呂の後には換気をしたり、窓周りに付いた水気を雑巾等で拭き取ったり
すればいいのでしょうが、余程几帳面な人でないと毎日は出来ませんから、
10年程度で不具合が出始めるかも知れません。

今回は、修理を行う為のペアガラスやバランサーを調達して、交換等は
お客様ご自身でやられるそうです。

ご自分で何でもやってみるというのはいいことですが、初めて挑戦する
という場合は、道具や知識がない状況でちょっと無謀かも知れません。

ガラスやバランサーを調達するには、一旦それらを窓から外すなどして、
寸法や形状などを細かく調べる必要があります。

普通のサッシ屋さんでもやったことがないと二の足を踏むのに、素人の
お客様が窓を破損させずに作業が出来るかどうかは疑問です。

特に押縁と呼ばれるガラス押えは、樹脂で出来た繊細な部材ですから、
劣化して硬化していれば、作業中に割ってしまう可能性もあります。

そうなると、不具合部材以外に押縁材も新たに調達する必要がありますし、
不具合箇所がそれ以外にもあれば、交換途中で作業がストップしてしまう
ことも考えられます。

お金が惜しいのは分かりますが、慣れないことをやって失敗すれば
更に費用と手間が掛かりますから、どっちが合理的なのかは一考する
必要があると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2022-07-29 17:46 | メンテナンス