人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

慣れてないサッシ屋さんでは難しいかも・・

慣れてないサッシ屋さんでは難しいかも・・_c0108065_17255766.jpg


福岡のお客様から輸入サッシのペアガラスが割れたので、交換したい
というご相談を頂きました。

サッシは、ミルガード(Milgard)の樹脂製スライダー(片側だけしか
開くことの出来ない片引きの引き違いサッシ)。

写真を見て頂くと分かるように、大きくヒビが入っています。

また、お隣の家の屋根が下に見えていることから、2階又は3階の部屋に
あるサッシであることも推察出来ます。

可動する側の建具であれば、窓から外してガラスの交換を行うことが可能
ですが、はめ殺し側の建具の場合は、屋外の足場がないと作業を行うことが
出来ません。

そして、ペアガラスを固定している押縁についても、屋外側か室内側かで
作業のやりにくさが変わってきます。

何れにしても、国産サッシとは押縁の外し方も違いますし、インチ寸法で
作られたペアガラスの厚みを合わせるのも、普通のサッシ屋さんでは
やってもらえないように思います。

新しいペアガラスが用意出来たとしても、今度はペアガラスを防水したり
動かないように固定したりする材料や方法を知っていないと、ここでも
先に進めません。

たかだかガラスの交換というだけですが、経験不足の業者さんには少々
荷が重い仕事になるかも知れませんから、「餅は餅屋」と言われる通り、
私共のような輸入サッシのプロにお任せ頂く方が安心だと思います。

もし慣れない仕事で樹脂製の枠や押縁材を破損させてしまったら、
それこそそれらの手配で余分な費用と時間が掛かります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2022-10-02 17:45 | メンテナンス