人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

曲がるほど引っ張ったのか?

曲がるほど引っ張ったのか?_c0108065_17591692.jpg


愛知県のお客様から輸入住宅をいろいろメンテナンスして欲しい
というご相談を頂きました。

写真は、その1つ。こちらのサッシは、どこのメーカーのものか不明の
掃出しサッシ(スライディングパティオドア)です。

一見何も悪くなさそうに見えますが、よく見るとハンドルを固定している
ビスが1本なくなっています。

また、このハンドルが上の方に行くに従って、湾曲しているのが分かります。

恐らく、ドアの開け閉めが相当重くなって、それを無理して力づくで
引っ張ったりしていた為に、取付けビスが破損しハンドルの台座も曲がって
しまったのだろうと思われます。

ドアの開閉が固くなった原因は、ドアの水平・垂直が取れていないという
ことの他に、ドアが下がり過ぎて下枠のレールにドアが当たってしまった
ということが考えられます。

勿論、ドア下の戸車部品が摩耗していることも考えられますが、それよりも
戸車周辺に砂やゴミが入り込んでいることの方が問題となります。

結局の処、住み手の掃除や手入れが不足していたのと同時に、建てた建築
業者もメンテナンスについて知識や経験がなかったということが重なって
こうなったのだと思います。

専門知識のある専門家によって、定期的に調整・メンテナンスを行って
いれば、頑丈な輸入のサッシがこうなることはありません。
(あと、ペアガラスも曇っていますから、こちらも交換が必要です)

失礼なことを言って申し訳ありませんが、自分のことを棚に上げて製品の
ことを悪く言う人がいますが、家に対する気持ちや熱意が失われている
ことが問題だと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-06-22 18:10 | メンテナンス