人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ヒモが切れたら使えない

ヒモが切れたら使えない_c0108065_18042993.jpg


愛知県のお客様から、メーカー不明の輸入サッシに取り付けられている
バランサーの調達をご依頼頂きました。

シングルハングサッシと呼ばれる下窓のみが開閉する上げ下げ窓で、
そこに装着されていたチャネルバランサーの吊りヒモが切れてしまった
ということです。

ヒモ(糸)だけ交換すれば直るとお考えのお客様もいらっしゃいますが、
バランサーは窓の左右に1本ずつ付いていますから、左右同じ長さで同じ
強度のヒモを強いバネにくくり付けるのは結構大変です。

また、吊りヒモだけでなく、バネや滑車などの部品が既に錆びたり劣化
したりしている場合は、更に左右のバランサーで吊り具合を合わせる
ことが難しくなります。

ですから、どちらか一方のバランサーに不具合が出た場合は、左右両方の
バランサーを新しいものに交換する必要があります。

勿論、片側だけの交換でうまくいくこともあるかも知れませんが、バネが
弱った古いものを混在させればそちらに大きなストレスが掛かり
劣化の進行は早まりますから、近い将来古いバランサーにも不具合が
出てくるリスクは大きくなります。

もったいないという気持ちは理解出来ますが、こういう場合は
2本共新しいものに交換することをお勧めします。

因みに、バランサーの交換時期は15年程度とお考え下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-09-14 18:18 | メンテナンス