人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

オープナーへのストレスが大きかったのか?

オープナーへのストレスが大きかったのか?_c0108065_17573841.jpg


徳島県のお客様から、ビルトイン・ガレージドアに装着されている
電動のガレージ・オープナーを交換したいというご相談を頂きました。

オープナーは、チェーンドライブ式のリフトマスター(LiftMaster)製。

既に10年以上お使いになっているようで、その間メンテナンスらしいことは
してこなかったようです。

それは、設置した業者が既にいらっしゃらないということらしいのですが、
お近くにもガレージを触れる会社が見当たらないようです。

症状としては、ドアを閉める際にオープナーを作動させると、ドアは30cm
くらい動くのですが、その後すぐにモーターが逆回転してドアが全開した
状態に戻ってしまうようです。

それを何回か繰り返しているうちに、オープナーの内部配線がショートしたのか、
「パン」という音と光が出たようで、慌ててコンセントを外したとのこと。

こういう場合、元々オープナー自体に問題があったということも考えられなくは
ないですが、やはりドア側に問題があったと考えるべきのように思います。

動き出してすぐに止まってしまうというのは、スムースにドアが正しく
下がっていない状態で、どこかでドアが引っ掛かって動力にも無理な力が
掛かってしまったのではないかと思います。

つまり、ドアが水平・垂直に開閉せず、傾いてバランスが崩れた状態に
なっていると、どちらかのレールにブレーキが掛かってしまう状況だと
思います。

破損したオープナーの交換は必要ですが、ドラムワイヤーの交換・調整や
ガイドレールの状態確認、トーションスプリングの劣化具合の確認なども
行わないと、部分的・一時的な修理に終わってしまい、すぐに別のトラブルが
発生する可能性が高いと思われます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-09-22 18:05 | メンテナンス