人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

細かな所まで丁寧に

細かな所まで丁寧に_c0108065_16120572.jpg


こちらは、千葉県の輸入住宅に取り付ける予定の輸入ケースメントサッシの
交換用建具(障子)です。

ハード(Hurd)製ボウウィンドウのケースメントサッシが5枚あるのですが、
そのうちの1枚のペアガラスが突然割れてしまったということで、メーカー
から取り寄せました。

メーカーから入荷した時点では、室内側の木部は無塗装ですし、屋外側の
ガラスの周囲も何となく防水が不安な感じです。

ですから、現場に取付けする前に、社内の倉庫でこうして防水工事を行って、
それから実際の現場で取付け作業を行うのです。

写真に写っている方は、建具の室内側。こちらには、パラペイントの木部用
防水塗料 ティンバーケアで木部塗装を行います。

ガラスの周囲にはマスキングテープを張って、塗料が付かないように養生を
してから塗装をします。勿論、塗装の下準備として、木の表面を細かな
サンドペーパーを使って毛羽立ちや汚れをきれいにします。

また、こうやって作業台の上に載せて仕事をしますから、細工がしてある
凸凹した部分や現場では塗りにくい部分もきれいに塗装することが可能です。

当然、塗料も十分に乾かして2度塗りをする時間もありますから、現場塗装
とは精度も手間も格段に違うと思います。

単純に交換をするだけなら簡単ですが、こうやって丁寧に仕上げることで
耐久性も美しさも変わってきますから、金額以上の価値があるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-09-29 16:24 | メンテナンス