人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

マーヴィンのバランサー不具合

マーヴィンのバランサー不具合_c0108065_17110109.jpg


香川県のお客様からマーヴィン(Marvin)の上げ下げ窓の不具合
についてご相談を頂きました。

製品は、アルティメット・ダブルハングサッシというシリーズのもの
なんですが、木製の建具枠の腐りの他にバランサーにも不具合がある
ようです。

写真は、建具(障子)を外して、窓枠のレール内にあるピボットシュー
を露出させた状態です。

このピボットシューは、建具とバランサーとをつなぐ為の部品ですが、
バランサー本体から出ているはずの吊りヒモが、ピボットシューに
結ばれているのですが、途中で切れているようです。

こうなると、バランサーの力で重い建具を吊ることが出来ませんから、
窓の開閉が非常に重くなったり、両サイドにあるバランサーのヒモが
両方共切れてしまったら、建具が下枠まで落下したりしますから
危険な状態です。

こういう場合、バランサーの交換で元通りに直すことが出来るのでずが、
木部が腐っているという状態の建具を修復することも必要です。

ただ、マーヴィンは日本市場から撤退してしまいましたので、これらの
ことを全て自前で直さなければなりません。

勿論、マーヴィンの窓枠をそのままに、建具だけを他社のものに入れ替える
という方法もありますが、その場合は上窓も下窓も両方入れ替えなければ
ならなくなりますから、その分費用も掛かります。

かと言って、建具を修復するとなると、香川から建具を愛知県の会社へ
持ち帰って修理をしてからまた元に戻すということをしなければ
なりませんから、その間の防犯対策及び防雨対策を開口部に施す必要が
生じます。

簡単そうに思えますが、実際には状況の詳細確認や修復計画を綿密に
立てた上で、時間とお金を掛けて直していかなければなりませんから、
結構大変です。

マーヴィンのバランサーを交換するだけでも、部品メーカーに仕様や
寸法・形状を連絡しなければ適合するバランサーを見積もってもらえません。

高度な専門性と知識や経験、適切な道具と語学能力が必要ですから、
一般のサッシ屋さんは嫌がるでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-10-10 17:21 | メンテナンス