人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

ローウェンにはこのバランサー

ローウェンにはこのバランサー_c0108065_19143470.jpg


こちらは、カナダ ローウェン(Loewen)社のダブルハングサッシに
装着されるバランサーです。

形状的には、同じアルミクラッド木製サッシであるマーヴィン(Marvin)の
古いダブルハングのものと同じだと思います。

上下する重い建具を吊っているバランサーですが、その主な材料は吊りヒモと
鉄製のバネ。

これらは、経年劣化でヒモが切れたり、バネが錆びて伸び縮みをしなくなったり
しますから、15年くらいで定期交換することが求められます。

よくお金が掛かるからと直さないで放置される方もいらっしゃいますが、
普段開け閉めしない上窓のバランサーも常に重さが掛かった状態になって
いますから、知らないうちに劣化は進んでいるものです。

もしそうした窓のバランサーが突然切れてしまったら、どうなるでしょう?

その場合は、上窓が突然落下したり開けた窓が止まらず下に落ちたりしますから、
最悪ガラスや木枠が破損するという危険性があります。

また、輸入サッシは、交換部品を含めて突然生産中止ということがありますから、
いつ部品が手に入らなくなるかも不安です。

(勿論、輸入サッシの製造期間が何十年というものも少なくないですから、
今日明日どうにかなるなんてことにはならないですが、私たちのような
人間がいつこの仕事を辞めてしまうかも考えなければいけません)

何れにしても、今後も輸入価格が高くなっていくでしょうから、直せるものは
直せるうちにメンテナンスをしておくことに越したことはありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-10-23 19:24 | メンテナンス