人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

見たことがない輸入サッシですね

見たことがない輸入サッシですね_c0108065_16020498.jpeg


愛知県の建築・不動産業者さんから、中古住宅の窓ガラスが割れたので
修理を依頼出来るかというご相談を頂きました。

こちらが頂いた写真ですが、引き違いの召し合わせに近い処のガラスに
ヒビが入っています。

写真を拡大してみると、どうやらペアガラスの内側のガラスが割れている
感じがします。

サッシは、輸入の樹脂サッシにも見えるのですが、古いアルミサッシのような
感じにも見えます。

また、通常は召し合わせ付近にクレセント・ロックの金物が付いているもの
なんですが、そういうものも見当たりません

そういう点で、ちょっと見たことがない形状の輸入サッシです。

窓メーカーは、エンパイア・パシフィック(Empire Pacific)という会社
なんですが、今は存在していないのかよく分からない感じです。

輸入の引き違いの多くは、片引きと言って片方の建具だけが開閉して、
もう片方はハメ殺しのFIXサッシとなります。

両方の建具が可動する珍しいタイプならいいのですが、片引きのタイプであれば
屋外側にある建具の方がハメ殺しになっているでしょうから、今回ガラスが
割れた方の建具はFIXということになるかも知れません。

ハメ殺しの場合は、建具を窓枠から外すことが難しいですから、万一ガラスを
押さえている押縁材が屋外側に付いている場合は、外部足場がないと作業は
出来ません。

写真では押縁材がどういったものなのかやどちらに付いているものなのかが、
全く分からない状況ですから、やはり現地調査を実施しないと修理の可否を
含めて確認することが出来ないですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-10-31 16:10 | メンテナンス